ボディーガードを個人で雇うには

ボディーガードは個人でも雇うことができます
ボディーガードといえば、政府の人たちや有名人や著名人の身柄を安全にするためにいるようなイメージがありますが、個人でもボディーガードを雇うことができるのです。日本ではSPと呼ばれていますが、アメリカの大統領のボディーガードはシークレットサービスと呼ばれています。そのシークレットサービスはボディーガードの中でもすごい人たちがなるので、大統領は非常に安全に配慮された環境で過ごすことができるのです。
シークレットサービスは最高のボディーガードだと言えます。
ケビンコスナー主演の映画「ボディーガード」の中に出てくる、元シークレットサービスだったボディーガードは強くて、ものすごく機転が利き、素晴らしい働きをするのです。
そんなボディーガードを個人でも雇うことができるのです。
とはいえ、シークレットサービスほどの敏腕ボディーガードがついてくれるとは思えませんが、例えばストーカー被害に遭っている人などはボディーガードを雇うといいでしょう。24時間守ってもらえるので、安心して過ごすことができるのです。ストーカー被害は警察に相談しても、実際に事件にならないと動いてくれないので、自分の身は自分で守らなければならないのです。